鶏胸肉の照り焼き丼

母が入院してから、毎日夕飯を作っているのですが、毎日色々考えるのは大変ですね
今までは、休みの日は私が作って、私が仕事の時は母が作っていたのですが、毎日大変だったろうな~と思います。
私に食べさせなきゃ!というより、私の息子にちゃんと食べさせなきゃ!!という思いでいてくれたようで、本当に感謝です。
心臓の手術をして、それ自体はもう回復したのですが、歳が歳なだけに、ほとんど寝た状態で過ごしていたので、足腰が弱ってしまい、先週リハビリ病院に転院したのです。
今まで通りになるには、3か月ぐらいはかかると言われ、私もずっと休んでいる訳にもいかないし・・・どうしたら良いか悩んでいる今日この頃です。
色々作ろうと、ネットや本で何がいいか考え、好き嫌いがあるので、自分流にレシピを変えて作っているので、味の濃さ等は具合をみて変えてください。

材料(2人分)
①鶏胸肉(皮なし)500g

②酒

大さじ3

③醤油

大さじ1/2

④すりにんにく

小さじ1

⑤片栗粉

適量

⑥酒

大さじ2

⑦醤油

大さじ4

⑧みりん

大さじ3

⑨砂糖

大さじ1

⑩白ゴマ

大さじ3~4

⑪サラダ油

適量

⑫貝割れ

適量

作り方
①鶏肉を一口大ぐらいのそぎ切りにして、ビニール袋に入れ、②~④の材料で下味をつけます。20分ぐらい冷蔵庫で休ませてください。

②⑦~⑩の材料を混ぜ、ごまだれを作っておきましょう。

③フライパンに油をひき、鶏肉の水気をきって、片栗粉をつけてこんがり焼いていきます。

④両面が良く焼けたら、⑥の酒を加え蓋をして、弱火で2~3分蒸し焼きにします。

⑤蒸し焼きをしたら、ごまだれを全体に回し入れ、からめながらトロミがつくまで焼いていきます。焦がさないように気を付けましょう。

⑥丼にご飯を盛り、貝割れをお好み量をのせ、その上に鶏肉を盛って、たれをかけて出来上がり

胸肉なのであっさりしていますが、ぱさつきはなくしっとり美味しかったです
貝割れの量が少なくて、肉に隠れて見えませんが、こってりたれにピリッときて、辛いのが好きな方は、少し多めにのせても良いかも。
母の今後の食生活が、豚肉や牛肉よりも、鶏肉が良いとのことなので、鶏肉料理のレパートーリーを増やさなくてはいけません。
豚肉や牛肉料理ももちろん作りますが、鶏肉料理を載せる機会が増えそうです。


チキン南蛮

昨日の夕飯は『チキン南蛮』
今まで、作ったことがなかったんですよね。だから、初挑戦

材料(2人前)

①鶏胸肉

250gぐらいを2枚

②卵

大きめ1個

③小麦粉

少々

④塩・こしょう

少々

⑤お酢

大さじ4

⑥醤油

大さじ4

⑦砂糖

大さじ3

⑧一味

少々

⑨市販のタルタルソース

80gぐらい

⑩茹で卵

1個

作り方
①鶏胸肉は、厚さを均一にするために、真ん中に切り込みを入れ、左右に切り込みを入れて開き、塩・こしょうをふっておきます。
②甘酢を作ります。⑤~⑧の材料を混ぜ合わせておきます。
③タルタルソースは、茹で卵をフォークなどを使って細かくし、市販のタルタルソースに混ぜておきます。使うまで、冷蔵庫で保存してください。
④下ごしらえをした鶏肉を揚げていきましょう。小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、170度に熱した油で揚げていきます。衣が固まるまで、あまりさわらずに両面をこんがり揚げていきます。

⑤鶏肉が揚がったら、一度取り出し、フライパンを綺麗にして、鶏肉を戻します。
⑥⑤に②で作ったタレをかけ、中火で両面にからむよう、時々返しながら味を浸み込ませていきます。
⑦肉は、一口サイズにカットしてお皿に盛り付け、たっぷりタルタルソースをかけたら出来上がり
お好みの野菜を添えて、召し上ってください

本当は、タルタルソースも手作りが美味しいのでしょうが、時間がなかったので、市販の物を使いました。

豚ロースのホイル焼き

昨夜の夕飯は、豚ロース(とんかつ用)のホイル焼き。
味噌だれできのこたっぷり

材料(2人前)
①豚ロース(とんかつ用)

2枚

②舞茸

1パック

③椎茸

1パック

④えのき

1袋

⑤しめじ

1袋

⑥九条ネギ

1本

⑦味噌

大さじ6

⑧酒

大さじ3

⑨みりん

大さじ3

⑩醤油

大さじ1

⑪にんにくすりおろし

小さじ2

⑫こしょう

少々

⑬バター

適量

作り方
①豚ロースは、一口サイズに切り、フライパンで表面に軽く焼き色が付く程度に火を通しておきます。
②きのこ類は、軸を取り一口サイズぐらいに、それぞれほぐしておきます。
③九条ネギは、3cm幅ぐらにカットしておきましょう。
④味噌だれを作ります。⑧~⑫までの材料を良く混ぜておきます。
⑤アルミホイルを、大きめに4枚カットし、横になるホイルが上になるように十字にします。
⑥中心にバターを塗り、豚肉・きのこ類・九条ネギの順に重ね、最後に味噌だれをかけ、ホイルを具がこぼれないよう閉じていきます。
⑦オーブン機能のグリルで、20分~25分焼いたら出来上がり

サーモンでホイル焼きは良く作るのですが、豚肉では初めて作りました。
豚肉と味噌・・・合いますね
きのこも沢山食べれて、栄養満点・・・かな?

鶏もも肉のトマトソース


息子と2人の食事、何にしようかな~で思いついたのが、以前何かのテレビ番組で観た鶏肉料理。
特に材料とかメモしていた訳ではないので、ソースは私流。

材料(2人分)
①鶏もも肉

300gぐらいのを2枚

②缶詰のカットトマト

2缶

③玉ねぎ

1個

④にんにく

1玉(4~5粒)

⑤バター

30g

⑥塩・こしょう

適量

⑦砂糖

適量

⑧サラダ油

適量

作り方
①鶏肉は、厚みのあるところを、包丁で切り込みを入れ、なるべく均一の厚さにする。皮面は、ちじむのを防ぐため、フォーク等で穴を開け、両面に塩・こしょうをふっておく。
②玉ねぎ・にんにくは、みじん切りにしておきましょう。
③カットトマトは、受け皿を付けたボールにあけておきます。(汁ごと全部使うと水っぽいので)
④鍋にバターを入れ、玉ねぎ・にんにくを入れ、しんなりするまで炒めていきます。

⑤しんなりしてきたら、カットトマトを加え、トマトを潰しながらひと煮たちさせます。

⑥塩を加え味を調えますが、酸味が強いようでしたら、砂糖を少し加え甘味を足します。加減は、お好みで。
⑦ソースなので、少しトロミが出るまで、中火ぐらいで煮詰めます。
⑧鶏肉を焼きます。まずは、皮面から・・・。鶏肉の皮は、パリパリの方が美味しいですから、こんがり焼いていきましょう。
皮面に焼き色が付いたら裏返し、裏面も焼き色を付けます。中まで完全に火を通さなくてはいけませんから、火を弱火にして蓋をし、じっくり焼いていきましょう。
⑨中まで火が通ったら、皮面をもう一度焼き直します。パリパリ感が戻るまで焼いたら、食べやすい大きさにカットし、お皿に盛りソースをかけて出来上がりです。
さっぱりして、とても美味しかったです

四元豚ロースのおろし餡かけ

先日、四元豚でモッツァレラチーズ巻きを作りましたが、今回はロースを使っておろし餡かけ。
きのこたっぷり、さっぱり美味しい

材料
①四元豚ロース薄切り

1.2kg

②大根

大きめ1本

③舞茸

3パック

④しめじ

2袋

⑤しいたけ

3パック

⑥えのき

2袋

⑦小葱

少々(飾り用)

⑧片栗粉(餡かけ用)

大さじ3~4

⑨片栗粉(肉用)

適量

⑩醤油

お玉2.5杯

⑪みりん

お玉2.5杯

⑫酒

お玉2.5杯

⑬ダシの素

15g

⑮サラダ油

適量

作り方
①ロース肉を3等分にカットしておきます。
②きのこ類は、舞茸は一口サイズぐらいに割いておきます。しめじは石づきを取り、ほぐしておきましょう。しいたけは、5mmぐらいの厚さにスライスします。えのきは石づきを取り、半分にカットしてほぐします。
飾り用の小葱は、小口切りにしておきます。


③まずは、おろし餡を作ります。大根を大変ですが、1本おろします。
④鍋に、おろした大根を少し水を切ってから入れ火にかけます。大根に軽く火が通ったら、きのこ類を入れ、ダシの素・酒・醤油・みりんを入れ、きのこがしんなりするまで煮ていきます。きのこがしんなりしてきたら、片栗粉を水で溶き、かき混ぜながら入れてとろみをつけて出来上がり。
途中、味見をして、好みの味に調整してください。

⑤ロース肉を焼いていきます。
フライパンに多めの油を入れ、ロース肉に片栗粉をつけて焼いていきます。


パリッとするまで焼くと、香ばしくて美味しいです
⑥焼いた肉を皿に盛り、餡をかけて小葱を飾ったら出来上がりです

大根おろしでさっぱり、でもきのこたっぷりでボリュームがあります。
ご飯2杯はいけるかな??
ロース肉を焼き過ぎて硬くなってしまった場合は、餡と一緒に煮てしまうと良いです。煮ると、衣が柔らかくなりますし、肉に味が染みるので、かけて食べるのとはまた違う感じで美味しいですよ
四元豚・・・脂身まで美味しいお肉です。肉質も軟らかく、私の母は大好きです

ビーフシチュー




タスマニアビーフを使って、ビーフシチューを作ってみました~
先日、ステーキで食べた結果・・・とても美味しかったので、他の料理にも挑戦。

材料
①タスマニアビーフ(リブロース)

1.5kg

②玉ねぎ

大きめ2個

③ジャガイモ

一袋

④ニンジン

2本

⑤マッシュルーム

2パック

⑥エリンギ

2パック

⑦赤ワイン

1本

⑧デミグラスソース

2缶

⑨塩

少々

⑩砂糖

少々(酸味が強かった場合のみ使う)

⑪水

作り方
①タスマニアビーフを一口サイズにカットします。
②玉ねぎは、3mmぐらいのスライス、ニンジンは乱切りに、ジャガイモは一口サイズに・・・マッシュルームは軸を取り、丸のまま使います。エリンギは、大きめにカットしておきましょう。
③ニンジン・ジャガイモは、最後に加えるので、レンジの根菜温めで加熱しておきます。
④深めのフライパンに肉を並べ、焼き色が付くまで焼いていきます。

⑤焼き色が付いたら、赤ワインを1本全て入れ、玉ねぎの半量を入れ、弱火~中火で30分~45分煮込みます。煮詰まってきたら、その都度水を足してください。
⑥煮込んだ肉を一度取り出しておきます。

⑦フライパンに残った汁を少し煮詰め、残りの玉ねぎ・マッシュルーム・エリンギを加え、玉ねぎに火が通るまで煮ます。
⑧次にデミグラスソースを入れ、さらに煮込んだら、塩を少々加え味を調えますが、酸味が強過ぎるようだったら、砂糖を少しづつ加え、調整してください。
⑨味が調ったら、ニンジン・ジャガイモを加え軽く混ぜたら、肉を戻しひと煮たちさせたら出来上がりです。焦がさないよう、優しく混ぜながら火を通してください。

赤ワインで煮込んでいるので、肉は柔らかくいくらでも食べれてしまいそう
砂糖を加える時は、入れ過ぎないよう気を付けてくださいね
ジャガイモやニンジンの甘味も出てくるので、ちょっと酸っぱいかな~?ぐらいまでにしておけば大丈夫です。
赤ワインは、安い物で十分。国産牛肉で作るよりは、材料費も抑えられるし、それでいて美味しい。
ちょっとだけ贅沢したいな~という時にいかがでしょうか?
本当に贅沢したい時は、タスマニア産ではなく、国産牛で・・・
そろそろ、国産牛が食べたいので、今度牛肉料理を作る時は、国産にしよ~

オムレツ

先日、夕飯のおかずがたいした物ではなくて、母と『息子のおかずはどうしよう??』となり、ある材料でボリュームのある物・・・野菜など使って、オムレツを作りました~

材料
①卵

3個

②マカロニ

一握りぐらい

③ほうれん草(冷凍)

適量

④コーン(缶詰)

小さい缶なら1缶

⑤ベーコン

パック

⑥バター

適量

⑦スライスチーズ

2枚

⑧塩・こしょう

少々

⑨塩

マカロニ用

⑨ケチャップ

適量

作り方
①まず、マカロニを説明書通りに茹でておきます。
②フライパンにバターを入れ、ベーコン・ほうれん草・コーンを炒めていきます。塩・こしょうで味を調え、最後にマカロニを加え軽く炒め、お皿に移しておきましょう。
③空いたフライパンをキッチンペーパーなどで拭き、バターを入れ熱します。バターが溶けたら、溶いた卵を入れ、混ぜながらふっくらと焼き、半熟ぐらいになったら、スライスチーズを真ん中あたりにのせ、作っておいた具材をのせて、形を作っていきます。私は、卵が滑るよう下にへらを入れ、フライパンの端の方にオムレツを寄せていき、手前の卵を折りたたむようにしたら、フライパンに蓋をするようにお皿をあて、引っくり返して形を整えたら出来上がり

ちょっと具が多過ぎて、破けてしまいましたが、こんな感じです
マカロニが入ることで、ボリューム満点に
何をかけるかはお好みですが・・・うちの息子は、ケチャップで食べました
前は、エリンギやしめじなどを冷凍保存し、ほうれん草は市販の冷凍品、コーンも冷凍品を買っておき、突然に備えていたのですが、最近あまり作ることがなくなっていたので、たいした材料がなく悩みましたが、そこで目に入ったのがマカロニ。
マカロニは、サラダを作る為に買っておいた物ですが、こんなところで活躍するとは。
オムレツに入れるのは初めてでしたが、美味しかったようですよ

ビーフストロガノフ

昨日は、今日がこどもの日ということもあり、某大手スーパーで黒毛和牛がとてもお買い得になっていたので、『ビーフストロガノフ』を作りました~
翌日も食べれるようにと、牛肉を1.4kgも買ってしまいましたよ。


材料
①黒毛和牛(切り落とし)

1.4kg

②玉ねぎ大きめ     

4個

③マッシュルーム   

4パック

④エリンギ        

4パック

⑤赤ワイン        

1本

⑥デミグラスソース    

5缶

⑦サワークリーム     

2パック

⑧バター          

少々

⑨塩            

少々


作り方
①牛肉は、大きければ一口サイズにカットしておきます。
②玉ねぎ・エリンギ・マッシュルーム共に、薄切りにカットしておきましょう。

③深めの鍋に、バターを入れ溶かし、玉ねぎの半量をまず炒めます。
④玉ねぎに火が通ってきたら、牛肉を加えさらに炒めていきます。
⑤牛肉に火が通ったら、赤ワインを1本全部入れ、中火で20分ほど煮込んでいきます。

⑥20分ぐらい経ったら、残りの玉ねぎ・マッシュルーム・エリンギを入れ軽く混ぜ、さらに20分ぐらい煮込みます。
⑦煮汁の量が減ったら弱火にして、デミグラスソースを入れていきます。
⑧塩で味を調え、最後にサワークリームを入れて混ぜたら、出来上がり
ご飯にかけて召し上がれ~
お店で食べると、サフランライスやバターライスだったりしますが、我が家は普通に白飯にかけて食べます。初めて作った時に、バターライスで食べたのですが、ちょっとしつこく感じたので、普通に白飯。

こ~んな感じです
サワークリームが入っているので、少し酸味がありますが、とても美味しいですよ
食べ物のことを書いていたら、お腹が空いてきてしまいました~。
今日も、残ったビーフストロガノフを食べま~す

クリーム&レアチーズケーキ

下がクリーミー・上がレアなチーズケーキを作りました~
ただ、下のクリーミー部分の分量を計算間違いしてしまったので、今回のチーズケーキは、クリーミー部分が薄いです
調整してください。

材料(21cmケーキ型)
①クリームチーズ

250g

②砂糖

60g

③卵黄

1個分

④サワークリーム

180g(2パック)

⑤粉砂糖

大さじ2

⑥グラハムクラッカー

100g

⑦バター

45g

⑧クリームチーズ

200g

⑨ヨーグルト

300g

⑩生クリーム

200cc

⑪砂糖

120g

⑫ゼラチン

15g

⑬湯

ゼラチンの説明書通りの分量

作り方
①クラッカーをビニール袋に入れ、めん棒などで叩き細かく砕きます。バターを溶かして、クラッカーにまんべんなく混ぜましょう。
②ケーキの型に、クラッカーを敷き詰め、冷蔵庫で冷やし固めておきます。

③①~③の材料で、クリーミー部分を作っていきます。まず、クリームチーズを柔らくして、ハンドミキサーでクリーム状にし、砂糖・卵黄を加え、さらによく混ぜていきます。
④冷蔵庫で冷やしておいた型に、③の生地を流し入れ、180度のオーブンで25分焼き、焼き上がったら表面が固くなるまで冷ましておきます。

⑤サワークリームに粉砂糖を入れ、よく混ぜておきましょう。

⑥表面が冷めた④に⑤のクリームを均等に塗り、180度のオーブンで4~5分焼きます。粗熱が取れるまでの間にレアな部分を作っておきましょう。

⑦⑧のクリームチーズをクリーム状になるまでハンドミキサーで混ぜます。
⑧生クリームは、8分立てぐらいにしておき、⑦のクリームチーズに、ヨーグルト・砂糖・生クリームを加えよく混ぜ、湯で溶かしたゼラチンを混ぜながら加えていき、冷ましておいた⑥に流し入れ、冷蔵庫で固まるまで冷やしておきましょう。

⑨2~③時間ぐらいで固まるでしょうか???固まったら完成です

カットしたケーキを見て分かる通り、下のクリーミー部分が薄かったので、材料を2倍~3倍に増やしても良いかと思います。
その場合は、溢れてしまうので、レアチーズの分量を減らして作ってください。
少々失敗しましたが、なかなか美味しくできましたよ
さっぱり系にしたかったので、今回はレアチーズ部分にヨーグルトを加えましたが、濃厚が良い場合は入れなくても良いと思います。
お好みで、果物ソース等をかけても良いかも

ステーキ

前から気になっていた某大手スーパーのタスマニア牛肉。
口コミなど見ても、日本の肉に近い感じで柔らかい・美味しい・・・など、良い評価が良く、でもステーキと言ったら国産牛肉。ファミレスなどで、外国産牛肉は食べたことがあり、不味いと思ったことはなかったのですが、家で調理となると・・・もしかしたら、固くて不味いかも知れない、臭いかも知れない・・・と、なかなか買う勇気が出なくて、やっと買ってみる決心が付き、タスマニア牛肉リブロースステーキ肉を買ってみました~
ただ、そのまま焼いて固かったりしたら嫌だな~と思い、おろし玉ねぎに漬け込んでみることに。


材料
①タスマニア牛肉

180g3枚


②玉ねぎ

大きければ2個・小さければ3個

③にんにく

適量

④塩・こしょう

少々

⑤サラダ油

⑥ステーキソース

作り方
①玉ねぎをすりおろしておきます。
②牛肉は、筋切りをして、フォークで全体をさしておきます。
③平らな容器に、まずおろした玉ねぎの半量をひき、筋切り等をした牛肉を並べます。残りの半量を全体にかけて、ラップをして冷蔵庫で1~2時間寝かせます。

④にんにくはスライスしておきます。
⑤油をひいたフライパンにスライスしたにんにくを入れ、香りを出しつつカリカリになるまで炒めます。
⑥にんにくを取り出し、寝かせておいた牛肉の玉ねぎをキレイに拭き取り、フライパンに並べ、最初は強火で両面焼き、両面に焼き色が付いたら、弱火~中火で中まで火を通します。焼き加減は、お好みで。
⑦焼き上がったら、一口サイズにカットし、ステーキソースをかけて出来上がり!
と、ここで焼き上がったステーキの写真を載せるはずだったのですが・・・撮るのを忘れて食べてしまいました
アッ!!と気付いた時には、食べ終わっていました~
肉を玉ねぎに漬けるという工程は初めてやったのですが、冷蔵庫から出してちょっとビックリ!?
肉が茶色くなっていて・・・エ~!!となったのですが、調べたところ、特に問題はないそうで(玉ねぎに含まれるアリシンというものの作用だそうです)、美味しくいただきました。
詳しくは、調べてみてください。
玉ねぎ効果があったのか、何もしなくても柔らかかったのか・・・正直分かりませんが、脂っこくなく・柔らかく、美味しく食べることが出来ました
思い切って買ってみて良かったです。
国産牛肉は、もちろん美味しいですが、高いですからね。そんなに頻繁には食べれません。
でも、タスマニア牛肉ぐらいの価格であれば、今までより回数を増やせるかな~?と思いました。
機会があったら、食べてみてくださいね~。
あ~、写真を載せられなかったのは、本当に残念です