鶏胸肉の照り焼き丼

母が入院してから、毎日夕飯を作っているのですが、毎日色々考えるのは大変ですね
今までは、休みの日は私が作って、私が仕事の時は母が作っていたのですが、毎日大変だったろうな~と思います。
私に食べさせなきゃ!というより、私の息子にちゃんと食べさせなきゃ!!という思いでいてくれたようで、本当に感謝です。
心臓の手術をして、それ自体はもう回復したのですが、歳が歳なだけに、ほとんど寝た状態で過ごしていたので、足腰が弱ってしまい、先週リハビリ病院に転院したのです。
今まで通りになるには、3か月ぐらいはかかると言われ、私もずっと休んでいる訳にもいかないし・・・どうしたら良いか悩んでいる今日この頃です。
色々作ろうと、ネットや本で何がいいか考え、好き嫌いがあるので、自分流にレシピを変えて作っているので、味の濃さ等は具合をみて変えてください。

材料(2人分)
①鶏胸肉(皮なし)500g

②酒

大さじ3

③醤油

大さじ1/2

④すりにんにく

小さじ1

⑤片栗粉

適量

⑥酒

大さじ2

⑦醤油

大さじ4

⑧みりん

大さじ3

⑨砂糖

大さじ1

⑩白ゴマ

大さじ3~4

⑪サラダ油

適量

⑫貝割れ

適量

作り方
①鶏肉を一口大ぐらいのそぎ切りにして、ビニール袋に入れ、②~④の材料で下味をつけます。20分ぐらい冷蔵庫で休ませてください。

②⑦~⑩の材料を混ぜ、ごまだれを作っておきましょう。

③フライパンに油をひき、鶏肉の水気をきって、片栗粉をつけてこんがり焼いていきます。

④両面が良く焼けたら、⑥の酒を加え蓋をして、弱火で2~3分蒸し焼きにします。

⑤蒸し焼きをしたら、ごまだれを全体に回し入れ、からめながらトロミがつくまで焼いていきます。焦がさないように気を付けましょう。

⑥丼にご飯を盛り、貝割れをお好み量をのせ、その上に鶏肉を盛って、たれをかけて出来上がり

胸肉なのであっさりしていますが、ぱさつきはなくしっとり美味しかったです
貝割れの量が少なくて、肉に隠れて見えませんが、こってりたれにピリッときて、辛いのが好きな方は、少し多めにのせても良いかも。
母の今後の食生活が、豚肉や牛肉よりも、鶏肉が良いとのことなので、鶏肉料理のレパートーリーを増やさなくてはいけません。
豚肉や牛肉料理ももちろん作りますが、鶏肉料理を載せる機会が増えそうです。


チキン南蛮

昨日の夕飯は『チキン南蛮』
今まで、作ったことがなかったんですよね。だから、初挑戦

材料(2人前)

①鶏胸肉

250gぐらいを2枚

②卵

大きめ1個

③小麦粉

少々

④塩・こしょう

少々

⑤お酢

大さじ4

⑥醤油

大さじ4

⑦砂糖

大さじ3

⑧一味

少々

⑨市販のタルタルソース

80gぐらい

⑩茹で卵

1個

作り方
①鶏胸肉は、厚さを均一にするために、真ん中に切り込みを入れ、左右に切り込みを入れて開き、塩・こしょうをふっておきます。
②甘酢を作ります。⑤~⑧の材料を混ぜ合わせておきます。
③タルタルソースは、茹で卵をフォークなどを使って細かくし、市販のタルタルソースに混ぜておきます。使うまで、冷蔵庫で保存してください。
④下ごしらえをした鶏肉を揚げていきましょう。小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、170度に熱した油で揚げていきます。衣が固まるまで、あまりさわらずに両面をこんがり揚げていきます。

⑤鶏肉が揚がったら、一度取り出し、フライパンを綺麗にして、鶏肉を戻します。
⑥⑤に②で作ったタレをかけ、中火で両面にからむよう、時々返しながら味を浸み込ませていきます。
⑦肉は、一口サイズにカットしてお皿に盛り付け、たっぷりタルタルソースをかけたら出来上がり
お好みの野菜を添えて、召し上ってください

本当は、タルタルソースも手作りが美味しいのでしょうが、時間がなかったので、市販の物を使いました。

豚ロースのホイル焼き

昨夜の夕飯は、豚ロース(とんかつ用)のホイル焼き。
味噌だれできのこたっぷり

材料(2人前)
①豚ロース(とんかつ用)

2枚

②舞茸

1パック

③椎茸

1パック

④えのき

1袋

⑤しめじ

1袋

⑥九条ネギ

1本

⑦味噌

大さじ6

⑧酒

大さじ3

⑨みりん

大さじ3

⑩醤油

大さじ1

⑪にんにくすりおろし

小さじ2

⑫こしょう

少々

⑬バター

適量

作り方
①豚ロースは、一口サイズに切り、フライパンで表面に軽く焼き色が付く程度に火を通しておきます。
②きのこ類は、軸を取り一口サイズぐらいに、それぞれほぐしておきます。
③九条ネギは、3cm幅ぐらにカットしておきましょう。
④味噌だれを作ります。⑧~⑫までの材料を良く混ぜておきます。
⑤アルミホイルを、大きめに4枚カットし、横になるホイルが上になるように十字にします。
⑥中心にバターを塗り、豚肉・きのこ類・九条ネギの順に重ね、最後に味噌だれをかけ、ホイルを具がこぼれないよう閉じていきます。
⑦オーブン機能のグリルで、20分~25分焼いたら出来上がり

サーモンでホイル焼きは良く作るのですが、豚肉では初めて作りました。
豚肉と味噌・・・合いますね
きのこも沢山食べれて、栄養満点・・・かな?

せっかく・・・

せっかく一般病棟に移れたというのに・・・昨日の夕方、病院から電話があり、またICUに移るとのこと。
病院からの着信ですから、エッ!!と一瞬ドキッとしましたが、心臓の方で異変があったのでなく、下血をしたのでとのこと。
金曜日に面会に行った時、便秘が辛くて看護師さんに掻き出してもらったと聞いていたので、それでもしかしたら傷付いた?
検査等処置をするので、またICUへ。
夕方行くつもりでいたので、ちょっと急いで息子と病院へ。
母に合う前に、外科の先生から、症状について説明を受けました。
やはり便秘が原因で、肛門に近い部分(腸)が切れて出血を起こしたとのこと。内視鏡で検査をし、そのまま出血点を小さなクリップで止血をし、今のところは出血は治まったというのでホッとしました。
血の流れを良くする薬を飲んでいますから、普通の人より出血量が多いのですよね。
でも、便秘は普通の人でも良くないから(同じようなことになる可能性はあるそうです)、私たちも便秘にならないよう気を付けるように言われました。
ICUに入り、先生の説明を受けたのは良いのですが、いきなり腸内の映像を見せられるとは思いませんでしたね
説明を受けた後、母の所へ行ったのですが、検査と処置がけっこうきつかったらしく、ちょっとグッタリしていましたね。
と、ここで、またまた息子が調子悪くなってしまい、先に外に出て休んでいるよう言いました。
たぶん、腸内映像がきつかったのでしょう。血も映っていましたからね。
出血が治まるまで、しばらくご飯が食べれないとのことなので、せっかく心臓の手術が成功し、回復に向かっていたのに可哀想に思いますね。
でも、病院でだから良かった。これが、家で大出血なんてことになったら、大変ですからね。
順調にいけば、今月中には退院出来るかな~?なんて思っていたのですが、無理そうかな。
一日でも早く、退院出来ることを祈るばかりです。
今日も、午後から母の所へ行って来ます。昨日より良くなっていればいいな

鶏もも肉のトマトソース


息子と2人の食事、何にしようかな~で思いついたのが、以前何かのテレビ番組で観た鶏肉料理。
特に材料とかメモしていた訳ではないので、ソースは私流。

材料(2人分)
①鶏もも肉

300gぐらいのを2枚

②缶詰のカットトマト

2缶

③玉ねぎ

1個

④にんにく

1玉(4~5粒)

⑤バター

30g

⑥塩・こしょう

適量

⑦砂糖

適量

⑧サラダ油

適量

作り方
①鶏肉は、厚みのあるところを、包丁で切り込みを入れ、なるべく均一の厚さにする。皮面は、ちじむのを防ぐため、フォーク等で穴を開け、両面に塩・こしょうをふっておく。
②玉ねぎ・にんにくは、みじん切りにしておきましょう。
③カットトマトは、受け皿を付けたボールにあけておきます。(汁ごと全部使うと水っぽいので)
④鍋にバターを入れ、玉ねぎ・にんにくを入れ、しんなりするまで炒めていきます。

⑤しんなりしてきたら、カットトマトを加え、トマトを潰しながらひと煮たちさせます。

⑥塩を加え味を調えますが、酸味が強いようでしたら、砂糖を少し加え甘味を足します。加減は、お好みで。
⑦ソースなので、少しトロミが出るまで、中火ぐらいで煮詰めます。
⑧鶏肉を焼きます。まずは、皮面から・・・。鶏肉の皮は、パリパリの方が美味しいですから、こんがり焼いていきましょう。
皮面に焼き色が付いたら裏返し、裏面も焼き色を付けます。中まで完全に火を通さなくてはいけませんから、火を弱火にして蓋をし、じっくり焼いていきましょう。
⑨中まで火が通ったら、皮面をもう一度焼き直します。パリパリ感が戻るまで焼いたら、食べやすい大きさにカットし、お皿に盛りソースをかけて出来上がりです。
さっぱりして、とても美味しかったです